アスペルガー上司の日報

「言ってくれないと解らない!」を連呼するアスペルガー上司。いやいや、おまえもな。

投稿日:

こんにちは、おつげ女です。

2月は仕事がなく悲惨でした。3月に入り定期物が少し戻ってきましたが、それでも前年比の半分もありません。

アスペルガー上司は昨年度の予定表を穴が開きそうな鋭い視線でみますが、仕事の激減はかわりません。

その不安からかモンモンさんに激しくパワハラを働くようになりました。

その酷いパワハラに、モンモンさんもダウン。毎週休むようになりました。

それでもアスペルガー上司はモンモンさんの休む理由が解らず、会社にでてくる度に酷いパワハラをかけます。

相変わらずですが、アスペルガー上司はパワハラだと思っていません。

モンモンさんが自分の言うカタチに仕上げないことが悪い、できないモンモンがわるい、精神状態がわるいと思っています。

モンモンさんの精神状態が悪いのはパワハラが原因。アスペルガー上司のパワハラな振る舞い、言動が原因です。

しかし、アスペルガー上司は理解できない。

ここ数日、アスペルガー上司が変な振る舞いをはじめました。

「なにが起こっているのか話してくれないと解らない!」といいはじめたのです。

周りのスタッフも異変にきづきましたが、言ってくれもなにも、そんな脅し言葉を言われては言えないだろうと思っていました。

いま、周りでどんな状態なのか、解らない。だから「話してくれないと解らない」。

解らない苛立ちから、言葉がどんどん汚くなる。

周りがアスペルガーを認識できてないこと、アスペルガーがバレることが自我崩壊につながること。その両者が最悪なバランスを保って、自我を保っているアスペルガー上司。

だれも手助けできない。

-アスペルガー上司の日報

Copyright© おつげ女 , 2022 All Rights Reserved.