登場人物について

おつげ女(制作)

このブログの運営者。アラフォー社畜。いくつかの制作会社に勤務後、今の会社に飼用される。

アスペルガー上司(制作)

親の面倒をみる名目で大都会から帰郷。その後、いくつかの会社を経て今の会社にやってきた。肩書にこだわり、プライドが高い。自分がアスペルガー症候群であることを知っている。

仮面部長お面部長(営業)

(プロフィール近日公開。登場はしばらく先)

エロ仮面(営業)

会社の女の子に手をつけ、セクハラばかりしていたことがバレ解雇。じつは、前の会社でも、社長の娘に手を出し解雇されている

キン肉マン(営業)

筋肉バカ。体育会系の乗りで仕事をする、無駄な動きが多い。頭が筋肉で出来ているのか、仕事内容を覚えられなかったので解雇

マダムキラー(営業)

当時、会社営業で一番の古株だった。顧客のおば様たちに人気の営業。おば様メインの顧客を任されていたが、新規顧客ゼロや仕事の内容を飲みこまず、制作に右から左だったため、仕事が出来ない奴と判断され、徐々に窓際に追い込まれ、結局解雇される

ボス(社長)

会社のトップ。謎の経歴で、だれもその本籍をしらない(プロフィール近日公開。登場はしばらく先)

セイさん(常務)

(プロフィール近日公開。登場はしばらく先)

フカイさん(常務)

(プロフィール近日公開。登場はしばらく先)

ハヤテさん(制作)

アスペルガー上司の前任者。会社を経営していたが失敗。夜逃げ同然で帰郷してきた強者。会話がうまく、お客の受けがいい。いつも遊びのことばかりを考えている根っからの遊び人。アスペルガー上司を決める際は一切口出ししなかった。会社を退職後、新しい会社を設立する。

チョウさん(制作)

社内のIT系を一手に担っていた凄腕技術者。仕事が超正確。ハヤテさんの右腕で、ハヤテさんとは二人三脚で部署を束ねきた。ハヤテさんとは時期をずらして退職。退職後はハヤテさんが設立した会社に合流する。

ネネさん(制作)

アート系学校卒で仕事ができる方。会社での評価は一番高く、色んなプロジェクトで声がかかる。ハヤテさんの左腕。アスペルガー上司に振り回され、疲れ果てて退職する。

ナカさん(制作)

美大卒のエリート。ラフな性格で社内のアイドル的存在。制作の中ではピカイチのセンスで、あらゆるコンペで結果をだす。アスペルガー上司はその才能に嫉妬し、つねに対抗意識をもつ。

ユウさん(制作)

大卒の新規採用者。根がしっかりとした考え方で、論理的な話し方が得意なひと。仕事を覚えるのも早く、制作の成長株では一番。アスペルガー上司はあまり近寄らない。

ヤマさん(制作)

アート系学校卒。アスペルガー上司よりも先の入社。なにかとアスペルガー上司に絡んでいたので、アスペルガー上司も苦手な人物。その後、家の事情からうつ病になり退職する。

リョウさん(制作)

ネネさんの交代員。おとなしく清楚でアスペルガー上司に気に入られる。そしてセクハラにあう。

ケイさん(制作)

チョウさんの交代員。とても仕事ができて、さばさばした性格から社内の人気者に。切れのある言葉で会社のボスにも一目おかれる。アスペルガー上司は苦手なタイプなのかあまり近寄らなかった。

ハヤシさん(制作)

ケイさんの交代員。アスペルガー上司が入社してから採用した人。アート系専門学校を卒業後、制作会社に勤務していた。ぱっとしないとい正確と失敗が多いという理由でアスペルガー上司のパワハラにあう。

タキさん(制作)

リョウさんの交代員。入社初日にアスペルガー上司の執拗なパワハラにあい退職願いを出した人。会社の説得で会社に残るが、アスペルガー上司の目の敵にされる。

ノノさん(制作)

ハヤシさんの交代員。前職も同じく制作会社だったので仕事ができるひと。仕事覚えが早く会社のボスからも頼りにされている。アスペルガー上司はあまり近寄らない。

ドンさん(制作)

経歴については一切不明。家族についても不明。アスペルガー上司が唯一遠慮なくパワハラを実行する人。非人道的なアスペルガー上司の攻撃でカサンドラ症候群を発症している。

モンモンさん(制作)

美大卒でイケメン。会話が上手く、みんなとも仲が良い。アスペルガー上司は、学歴でも人柄でも勝てないので上司という権力でパワハラ中。カサンドラ症候群を発症している。

更新日:

Copyright© おつげ女 , 2022 All Rights Reserved.