アスペルガー上司の日報

仕事が更に減少、アスペルガー上司の顔が化け物になる

投稿日:

こんにちは、おつげ女です。

無駄残業パワハラに異変あり。

先週後半から、制作室の仕事が見事になくなりました。

スッキリ!

そして、残業天下のアスペルガー上司の顔は青ざめ、パワハラ働く気力もなくなった様子。

昨日はなした地元大手メーカー倒産は関係なく、単純に仕事がなくなった。

もはやデザインとかってオワコンかな。
企画ありきの仕事すら見事になくなっている。

ドンさん、モンモンさんの仕事もなく、少ない仕事を分け合いながら進めている。

何時間もかかる仕事ではないので、無駄残業の時間はネットをみているよう。

帰ればいいのに。

もう、仕事しているふりすらできない仕事量。完全に無駄残業と会社からは認識されている。

ドンさん、モンモンさんも、さすがに今の仕事量では残業できないわけで、アスペルガー上司を置いて帰宅している様子。

真夜中に制作室でアスペルガー上司はひとり。ぼんやりモニターを眺めているとボスが話していた。

もう帰宅するようにと言っても、暖簾に腕押し。反応すらないと話していた。

仕事がなくなると、自分が社会から不要だと言われているものと取り違えているようだとも。

ナムー

-アスペルガー上司の日報

Copyright© おつげ女 , 2022 All Rights Reserved.