アスペルガー上司

アスペルガー上司、朝から机をど突く。

投稿日:

こんにちは、おつげ女です。

 

朝から何かのミス、対応の悪さを上役から指摘されたようで、酷くイライラしていたようだ。

 

歪んだ顔を懸命に取り繕うとするが、ストレスでままならない。

爆発寸前のまま就業の知らせのチャイムがなりました。

 

チャイムがなるとほぼ同時に

 

聞いたこともない

 

「なんでなんじゃ」というどす黒い低い言葉とともに、激しく机を殴るのだった。

 

ドッ!バーン!

机は震え、

フロア全体に沈黙と緊張が走る。

 

波紋の様に広がるのではなく、

ライトが点いたり消えたりするように

緊張と沈黙、負のオーラが見えるスイッチがオンになる。

 

爆発後は、気持ちの歪んだままで、反応がままならないようだった

不気味な笑顔で対応するアスペルガー上司。

 

それは、

さも、私は取り乱していませんよ、

私は誰からも攻められてないし、

失敗なんてしていません。

普通ですよ。

と、いう反応だった。

 

 

ふつーなわけない。

 

何か事件があっても、その後なにごともなかったかのように振る舞うアスペルガー上司。

負を積み重ねるべくして重ねてしまうアスペルガー症候群の特質は逃げ場がない。

 

立場、ステータスである管理職を捨てない限りは。

 

 

アスペルガー上司、応答願います。

-アスペルガー上司

Copyright© おつげ女 , 2022 All Rights Reserved.