社畜日記

言葉が出てこない場合に会話をつなぐ方法

投稿日:

こんにちは、おつげ女です。

仕事の打ち合わせが急増し、お客様と会話する機会に四苦八苦しています。

喋り慣れてないし、語彙力ないしー!みたいな。

言葉に詰まること多々あり、これは何か方法を考えないといけない!と、会話で言葉に詰まるときの対処法を考えてみた。

緊張から会話が詰まる場合

はじめに結論と根拠を話し、気分を楽にする。

緊張してても、結論と根拠をはなせば大丈夫。

頭の中かまとまらない時は、この方法が一番いい。大事な部分を話し終えると、かなり気分が楽になりますよ。

はじめに結論、そして根拠をはなし、気分を楽にした上で、会話の中で補足していく。

語彙力がなく、言葉(単語)がでてこない場合の対処法

一番困るのがこれ。ほんとに困った。普段から文章を読んで居ないのか仇となった。

読んで治るまではかなり時間がかかる。だいたい半年から一年ぐらいかかった。そんな間も打ち合わせは容赦なくやってくる。

そして、思いついたのが、連想ゲーム方法による「言葉のいいかえ」です。

例えば会話中に「本」という単語を無くした場合。

書かれたもの、書き物、読み物、書籍、だれそれの書いたものによると、などいい変える

次に、間をとるのに「えーと」「なんて言うかな」と分からなくなった言葉を考える間を言葉にする。それでも言葉がでなかっても、諦め話しを切り替えるといい。完全な言葉のない間を取らないことで話しの流れはよくなります。

言葉に詰まることは多々ある、焦らず、ダメだと思わず話しきる。

そう、だれにでも言葉につまる時はあります。

詰まっても、ダメだと思わず、経験値にかえていくといい。ダメと思う経験値を積めば積むほど慣れてきます。

私も、ダメダメな状態ばかりですが、ダメな都度、その時、何考えてたのかな私と考えている。

振り返り考えることで、対処法を思いついたりするわけです。

ダメな時にも、やりきって話しきって考える。

案外その積み重ねだけなのだとおもいます。

-社畜日記

Copyright© おつげ女 , 2022 All Rights Reserved.