アスペルガー上司の日報

地元有力企業の連鎖倒産で沈む社内とアスペルガー上司

投稿日:

こんにちは、おつげ女です。

先週までの地元有力企業の連鎖倒産で、社内は静まりかえっていました。

倒産した企業との直接取引がない我が社でも、地元有力企業だけあり、精神面への影響はゼロとはいきませんした。

とくに二つ目の同業者では地元トップ企業の倒産には、驚きと不安が波及したようです。

同業者の倒産では、普通なら倒産した企業の仕事が流れてきてもおかしくないのに、倒産した月は前年をはるかに下回る業績だった。そのことが、さらに社内に不安を募らせる結果になっていました。

社内の中でもアスペルガー上司の静まり沈み具合は半端なものではなかった。

いままでなら自分を奮い立たせようと、無駄にパワハラしていたけど、パワハラもなく、唯一pcの操作音だけがアスペルガー上司の不安を知らせる合図になっていました。

静まりかえった制作室で、カンカンという乾いたpcの操作音だけが響く。

全員の帰宅時間も急激に早くなった。

アスペルガー上司以外は未だ難癖つけて遅くまで社内にいるようだけど、他のスタッフは、仕事がない上、いつ自分たちも倒産に見舞われるかわからないと考えていて、体調管理だけは絶対まもらねばという気持ちになっているよう。

そんな様子に今までならパワハラで圧力をかけ帰宅させていなかったアスペルガー上司も、仕事がない状況では、なすすべなく嫌な顔や空気はだしつつも、引きとめるパワハラはできなくなっていました。

今年はなんとか持ちこたえそうだけど、来年会社があるかどうかは未定。

なむー

-アスペルガー上司の日報

Copyright© おつげ女 , 2022 All Rights Reserved.