アスペルガー上司の日報

物事を認識する視野が「狭い」アスペルガー上司、だから仕事が倍増する

更新日:

物事の認識できる視野が狭い、だから仕事が倍増する

こんにちは、おつげ女です

アスペルガー上司の仕事がなぜ要領をえないのか、ひとつの回答がでたので、忘れないうちに書いておきます

アスペルガー上司の仕事の見えかたを図にしました

 

 

図にすると、あーって腑に落ちました

水色の仕事の大きさは、普通のひとなら一度に認識できますが

アスペルガー上司は、普通のひとなら一つの仕事として認識できるものが、一つの仕事を10個に分けたうちの1つしか認識できていないのです。

 

つまり、普通の人がひとつとして認識できるものを、10考えないと認識できないということ

 

いつも、バタバタしている様子が、なぜなのか?が図からよみとれます

 

図では、一つの仕事を10のブロックにわけていますが、実際は、アスペルガー上司には、100にも1000にも10000にも・・・見えているようです

 

そして、次の図は、アスペルガー上司が部下に説明する時の図です

アスペルガー上司が認識した10分の1の仕事が、一つの仕事認識枠に拡大され、表現、部下に伝えられている図です

1の仕事を10倍の仕事量で説明するので、説明を聞く部下は大変疲れストレスになります

この仕事の流れが毎日くりかえされているわけで

 

効率よく仕事を流すができないのです

 

 

 

 

 

「おれって、普通かな?」

昔、アスペルガー上司が私に問いかけてきたことがありました

 

ごめん、本心、普通じゃないです

 

アスペルガー上司、応答願います。

-アスペルガー上司の日報

Copyright© おつげ女 , 2022 All Rights Reserved.