アスペルガー上司の日報

隠すことで繋がらない、明かすことでクビになる。アスペルガー上司の闇は広がる。

投稿日:

こんにちは、おつげ女です。

アスペルガー症候群を隠すことで全てを失う。得ることは何もないアスペルガー上司。闇は広がりづけています。

アスペルガー上司は、アスペルガー症候群について隠して入社しました。

バレてはいけない。そんな気持ちがパワハラをより過激に、執拗なものにして、周りの信用も家庭も崩壊させてしまった。

家庭崩壊後、会社での奇行、異常行動はパワハラはとまりません。

会社はその闇に完全に飲み込まれてしまった。

入社前にアスペルガー症候群だとわかればなんらかの対策はたてられたか?

答えはノーだ。小さな企業ではアスペルガー症候群や発達障がいへの理解はまだまだない。

また。理解しても対応できるだけの人材もない。

手を打つまえに会社もろとも崩壊しかねない。

いまの私の会社がそうだ。後戻りできないところまできてしまった。

いま、アスペルガーだとわかれば、会社はなんらかの対策をとさらざる終えませんが、対策が会社のバランスを一度に崩すきっかけにもなりかねません。

また、故意に隠して入社したことについては、クビになる可能性もあります。

どちらにしても対応イコール不安定を助長しかねない。

動かないこと。唯一安全そうな対策がいまの状態かもしれません。

社会の仕組みが整うのが先か、会社が果てるのが先か、はたまたアスペルガー上司が果てるのが先か。

アスペルガー上司が欲しいものは手にはいらない

アスペルガー上司が欲しいもの。それは人望、徳である。

他人に憧れたり、尊敬されたりすることだ。

でも、尊敬もされたい。そのためにはアスペルガーは隠し通さねばならない。

アスペルガー上司は、アスペルガーだという事実と普通でありたいの間の板挟みに常にあっていて、そのストレスから部下へのパワハラに発展し、人望、徳を積めない。

日々制作の仕事が激減しているなか、2次元の仕事しかできないアスペルガー上司は、なくなった仕事を手帳で確認し、イライラを増加、さらなるパワハラにかりたてている。

望みをすてれば、もしや新たな発展があるかも知れないが、アスペルガー上司の場合それは死を意味する。

アスペルガー上司の闇は広がりつづける。

アスペルガー上司、応答願います。

-アスペルガー上司の日報

Copyright© おつげ女 , 2022 All Rights Reserved.