アスペルガー上司の歴史

Uターンして、最初に入社した会社での事件

更新日:

こんにちは、おつげ女です。

 

 

アスペルガー上司は、地元に帰ってきてから、今の会社にくるまでは別の会社にいました。

 

しかし、その会社でも部署を地獄の底に突き落とします。

 

アスペルガー上司曰く、事件の詳細はこうだ

制作部署に所属していたアスペルガー上司は、その部署の上司から嫌がらせを受けていたそうで、

社長がそのことに気づき、上司だった人を部署全員の前で殴りつけたのだとか。

そして、アスペルガー上司に、

「これでもう大丈夫だ。」といったのだと。

 

 

なんだそれ?

ですね。

 

 

これはアスペルガーの特質。

じつは、みたままを独自のフィルターで解釈しているもので、実際はというと

嫌がらせではなく、上司だった人がアスペルガー上司のアスペルガー特性で、

上手く周りと仕事ができず困っており、

他の部下からもクレームがててきて、

仕事から少し遠ざけていただけとのこと。

 

 

仕事をスムーズに流すための手段

 

上司、かなり適切な判断です。

 

グッジョブです。

 

社長さん、みえてませんね。

 

 

殴る相手間違えてますよ。

いやいや違った

殴っても意味ないんだ。

 

特性を理解しないとだめなのに。

 

 

その後、アスペルガー上司は部署全員から関わりを持たれなくなり、

なぜ、そうなっているかわからないまま逃げるように退職したということです。

 

 

いやいや、独自フィルター面倒だなぁ。

 

マジマジ面倒だなぁ

 

 

アスペルガー上司、応答願います。

-アスペルガー上司の歴史

Copyright© おつげ女 , 2022 All Rights Reserved.