社畜日記

会社の崩壊が始まった。

投稿日:

こんにちは、おつげ女です。

その日は朝から社内の空気が重かった。

連休明けのせいかと思っていたら、理由があった。

退職者がでたのだ。

午前中、作業部屋の隣が騒がしかった。なにをしているのか気になりのぞくと、総務の人がロッカーを掃除していた。

なぜ、こんな時間に掃除しているのか聞くと、どうやら新しい人が入社するとのこと。

え?なぜ?と聞いたら、別部署のマルさんが退職したという。

え?なぜ?なぜ?なんなの?

マルさん、凄くできた人だったのに。なぜ?

理由はわからないと言われた。

でも、2週間前から、なぜかマルさんの様子が気になっていた。気になる理由と呼べる何かがあったわけじゃないけど、妙に気になっていた。

これか、と思った。

後から調べると、会社からマルさんの職種に求人がきていた。しかも求人の日付をみると2月前からあったようです。

夏前から退職は決まってたのかぁ。

そう思いながら、思いだしたことがあった。

マルさんが3カ月まえに、私に話したことを。

「おつげ女さん、この会社潰れますよ。」と言われたのだ。

私は、状況を知っているだけに、話しをはぐらかしたが、マルさんは真剣に「不味いですこの会社」と言った。「確信がある」と。

きっと私の知る確信とは違う確信だと感じたが、もはや廃業の結論からはかわらないわけで、あえて理由もきかなかった。

不味い理由。

それが今となっては何かはわからない。

ただ、マルさんが退職した日から経営陣がなにか違う。雰囲気が妙に優しくなった。

これが崩壊の3秒前なのか。

やだなぁ

-社畜日記

Copyright© おつげ女 , 2022 All Rights Reserved.