社畜日記

「はやく忘れたい会社」は必要ない

更新日:

こんにちは、おつげ女です。

会社を離職するさい、何回も聞いた「はやくこの会社での出来事を忘れたい」

聞く度に辛くなる。

もう、そんな会社は必要ない。

原因に、アスペルガー上司と会社の不味い対応がある。

アスペルガー上司のパワハラと、アスペルガー上司を外す事が出来ない会社。

アスペルガー症候群について知らない点も問題がある。

アスペルガー症候群だと知っていれば対応のやりようもあるだろうが、未だ性格だと考えているようだ。

そんなわけない。

今までの異常行動やパワハラ、家庭崩壊や周りからの苦情、とても性格だけでは答えにならない。

「はやくこんな会社のことは忘れてしまいたい」

離職が止まったわけではない。ただ、会社側の人材難についての危機感がつよまっただけ。

社員はみんないつ居なくなってもおかしくない状況だ。

だから、ある必要がみえない。だからまぼろしのように仕事は消えていく。まぼろしの会社に仕事を任せる会社はないからだ。

何も遺さない。その点だけは、私の思想と合致しているが、なんとも虚しいものよと思うわけで。

-社畜日記

Copyright© おつげ女 , 2022 All Rights Reserved.