アスペルガー上司の日報

ひとは機械のように修理できないんだよ。

投稿日:

こんにちは、おつげ女です。

朝から制作室がうるさい。

アスペルガー上司の扱うマウスにキーボードが壊れそうな音を響かせています。

ガンガン、ドンドン、ドーン!

先日もキーボードを破壊。今年に入りPCを三回、キーボード二回破壊している。

PCは何度も一命を取り留め修理会社から帰ってきている。修理会社にも、またですか?って言われるそうだ。

音は大きくなったり小さくなったり。大きくなるのは、仕事を急かされている時や周りが楽しく話している時など、自分が不幸を感じるときだ。

なぜ、俺がこんなにも懸命にやってるのにヘラヘラ会話してやがるんだ!

そんな怒りと狂気を孕んだ当てつけの威嚇音だ。

なぜかか。

それは障害を隠して入社したからだよ。

気持ちはわからないでもない。

でも、あなたが原因で周りに病人が続出し、コミュニティ崩壊が現実になっている。

隠して入社は悪意はないか?

障害を話して入社できたかはわからない。難しかったと思うよ。

でも、パワハラやコミュニケーション不良からうまれた病人はどうするんだよ。

機械のように買い替えればすむ、修理すればすむ問題じゃないんだよ。

あなたもね。

-アスペルガー上司の日報

Copyright© おつげ女 , 2022 All Rights Reserved.