アスペルガー上司の日報

アスペルガー上司、キーボードを再び破壊

投稿日:

こんにちは、おつげ女です。

仕事が一気になくなり、制作室内では静寂の日々が続いています。

仕事の減り方が異常過ぎて、社内は重苦しい空気に覆われています。

アスペルガー上司に関わりたくないので誰も会話したがらないので、機械音だけが無機質に聞こえる。

と、そこにガンガン例の音が挟まり始めた。

そう、アスペルガー上司がキーボードを叩く音です。

寝感触な。キーボードを叩く音が異質なため、部屋はさらに気持ち悪い空気が流れた。

およそ30分ほど激しくキーボードを叩いただろうか。突然音が止まり、両手を頭の上にのせ、激しく、おおきく、深い、不快なため息をひとつ。

そして、独り言、

「キーボードが調子悪い」と。

いやいや、あれだけ激しく叩けば壊れるわ!

周りのスタッフは全員が心の中で呟いた。

-アスペルガー上司の日報

Copyright© おつげ女 , 2022 All Rights Reserved.