アスペルガー上司の日報

怪しいメールが解らないアスペルガー上司

投稿日:

こんにちは、おつげ女です。

足元から吹き上げる熱風が半端ない。残り少ない体力を全て奪っていく。

夏は嫌い。これは、夏場だけリモートワークに切り替えないと持たないかもしれない。もーわざわざ会社に出社しないといけない働き方は無くなればいい。

さて、体力ゼロになる前に出来事を振り返ろう。

お盆前と暑さからか道はガラガラ。打ち合わせで電車にのると電車もガラガラでした。

街から人がいなくなったんじゃないかと思うほど静かだ。人を見かけるのは道路ぞいのコンビニぐらいだろうか。

会社ではアスペルガー上司が2週間以上同じ仕事に打ち込んでいる。いや、やることなくて、デスクトップで仕事しているPRしてただけだった。そんな人生の無駄遣いせず別な技術を学べばいいのに。

前にも話したけど、アスペルガー上司はここ数年で一気に仕事が出来なくなった。頭の回転、作業スピードが半減以下になった。仕事量が昔のままなら、制作室はアスペルガー上司のパワハラから逃れられず崩壊していだだろう。進む先が廃業に変わりがないのが痛いところではある。

最近、会社のメールにはフィッシングメールが腐るほど届く。そして、騙される奴はいないだろうと思っていたら、騙されたバカがいた。

そうアスペルガー上司。

わたしが打ち合わせから帰り、会社総合窓口あてのメールをみたら、どうみてあもフィッシングだろってメールが開封され、尚且つ添付ファイルを開きプリントアウトもされている始末。

おいおい。

前から危険な匂いがするメールには触れるなと注意していたのに。

てまだけどPCを隔離しウィルスチェックをした。

三重にしたウィルスフィルターのおかげで問題なく三時間ほどで機械チェックはおわった。

それにしても、あれ程怪しいファイルは開くな、何人かに別途確認するよう指示していたのに。

あとでアスペルガー上司に話しを聞くと、ボス当てメールと思って開いてしまったとのこと。

アスペルガー上司には上役に媚びないとクビにされるとの恐怖心があり、どうやら確認なしに開いてしまったのも、早く知らせて自分の仕事できる感を演出したい気持ちがあった。

やれやれ。危うくウィルスのために会社のPC全滅するところだった。

ふー。無駄につかれさせられた。

制作室では、一日中内線すらなる事なく終業を迎えた。

なのに、アスペルガー上司とドンさをモンモンさんはいつもどおり見せかけ残業。

そんな無駄な人生いきてんじゃねー!

-アスペルガー上司の日報

Copyright© おつげ女 , 2022 All Rights Reserved.