アスペルガー上司の日報

朝からチンピラが部屋に居る

更新日:

こんにちは、おつげ女です。

「おらぁー!なにをしてるんだぁ。」

朝からチンピラが部屋にいた。

顔つきが鬼のよう。気の触れた感じが滲みでている。

アスペルガー上司がモンモンさんに詰め寄っている最中だった。

朝から片田舎の緑が綺麗な街の一角で、世にも恐ろしく不気味なパワハラが始まっていた。

チンピラ。しかも、かなりタチの悪いチンピラ。

たいした実力もないのに、粋がって、言葉だけを汚くした、ただのバカ。言葉が出る度に、汚さをましている。

以前にも話しが、アスペルガー上司は仕事が年々出来なくなっている。考える事が出来なくなっているのだ。

別にバカにしているわけではない。本人が思い浮かばなくなったと話していたからだ。

原因はアスペルガー症候群だ。

アスペルガー症候群から、周りの空気を必死に考えてきたが、歳をとり集中力が持たなくなっている。

普通なら、歳を重ね、経験を積み、パターン化されたデータから適切なフォーマットを選びアレンジすることで楽に終わる仕事。

でもアスペルガー上司は、毎回時間をギリギリまでかけ、ダメ出しを何度も行ったものがいいモノ、という固執やフローがり、仕事が経験から楽にはならないのだ。

しかも、自分ができないので、部下に強要させるようになっている。

けっか、朝からチンピラが居る機会が増加。ここ数字は毎日チンピラがいる。

部屋は静まりかえり、生きた心地はない。

-アスペルガー上司の日報

Copyright© おつげ女 , 2022 All Rights Reserved.