アスペルガー上司の日報

忙しいと顎で人に指示を出す。最低野郎のアスペルガー上司

更新日:

こんにちは、おつげ女です。

 

最近入社した別部署のハナさんが、
事務用品の確認に来た時の事です

 

ハナさん
「この事務用品はどこにありますか?」

 

アスペルガー上司

背中を向けたまま
握りこぶしの親指をたてて

指だけで
あそこやろって
場所をしめした

 

ハナさん
「え?ありませんが、、、、」

 

アスペルガー上司

鬱陶しいなぁ〜

という空気全開で

顎で

あそこでしょと示してみた

 

ハナさん
結局場所がわからず、そのまま事務所に帰る

 

 

あーあ、やっちゃった

 

指や顎で指示するのはダメです。

 

しっかり目みて話しなさい。

 

 

最低。

失礼です

わかりましたか?

わからないか

 

でも、

実際は2つ以上のことを同時に思考できない

アスペルガー特性

 

 

そのあとのハナさん

あの人
なんなんですか?

 

と上役に苦情言ってた。

 

その一件以降、

ハナさん

アスペルガー上司とは

目も合わしたくないってよ

 

 

管理職手放した方が幸せだよ

きっと

 

 

アスペルガー上司、応答願います。

-アスペルガー上司の日報

Copyright© おつげ女 , 2022 All Rights Reserved.