アスペルガー上司の日報

小声で心をえぐるアスペルガー上司

更新日:

こんにちは、おつげ女です

 

お昼ご飯を食べて、のんびり一息ついた後のこと

アスペルガー上司の人をなじる小声がきこえてきました

なにやらドンさんにミスがあったようです

 

やくざみたいな振る舞いで

 

「おまえ、なんでできないんだよ」

ドンさんをなじるアスペルガー上司

 

「何度も何度も言わせやがって」

 

「ああん?」(ごびあげ)

 

「また、おれのメンツ潰しやがって」

 

 

 

昼いちの心地よい空気はなくなり、

一瞬で張り詰めた緊張感が部屋をつつみます。

 

ここ二日ほど機嫌が悪いようでした。

今回程度のミスならキレないんですが、

体調がわるいか、家庭の事情が、とにかく運が悪かったのか

 

ま、どうでもいい理由ですが

 

 

 

あ~あ、

 

これは8時定時コースだなぁ

 

アスペルガー上司は出来ることしかしないし。

アスペルガーパワハラはタチが悪いです。

 

救いがないな、これは。

 

 

 

ドンさんは床の一点を凝視せたままピクリともしない。

 

生きているとも死んでいるとも言えない雰囲気で

アスペルガー上司の前に居ます

 

 

アスペルガー上司、応答願います。

-アスペルガー上司の日報

Copyright© おつげ女 , 2022 All Rights Reserved.