アスペルガー上司の日報

理解しても一緒に働きたくない

投稿日:

こんにちは、おつげ女です

 

アスペルガーを理解して、アスペルガー症候群をもつ人と一緒に働くためにはどうすればいいのか?

働く環境を整え、アスペルガー症候群であると公表できる環境が必要

 

しかし、アスペルガー症候群だとわかって採用してくれる会社は少ない。また、会社への途中開示はクビにされる可能性も否定できないため、実際には環境を整えるのはかなり難しい

無理ゲー

ネットでも途中開示や公表のあと、窓際に追いやられ、クビになるケースも少なくないようです

情報開示ができるのは、アスペルガー症候群を障害として認知するだけではなく、実際、アスペルガー症候群を採用して仕事に組み込めている会社でしか難しいのが現実。

今の中小企業じゃかなり難しい

 

アスペルガー上司のように、アスペルガーをふせて、管理職になられた時には大変です

離職はとまらない、パワハラはする、病人はでるなどなど問題だらけ

次から次へと問題が起きる

 

アスペルガー症候群からカサンドラ症候群へ、すべてが末期の我が社

 

唯一、被害を拡大させない方法は?と思いつくのは、違和感異変に敏感に気づき、確認、一旦放置できる環境に居てもらうこと

必要な時、必要な時間、必要以外に関わらない状況を作り出すこと

 

アスペルガー上司、応答願います

 

 

no image
仕事が激減しているのに帰宅時間が遅い、その理由に会社がメスを入れ始めた。

こんにちは、おつげ女です。 会社が残業しないように指示した。 仕事が激減、さすがに部下たちの帰宅は早くなったが、それでもアスペルガー上司の帰宅時間が早くなることはなかった。 労務管理と今後の働き方改革 ...

続きを見る

-アスペルガー上司の日報

Copyright© おつげ女 , 2022 All Rights Reserved.