アスペルガー上司の日報

神の一撃がアスペルガー上司にヒットする

投稿日:

こんにちは、おつげ女です

 

 

お客様からデザインを褒められた直後、

仕事が無意味だという一撃をくらう。

 

地方では都市部にくらべ広告が減るスピードが著しく早い。

 

とくに新聞折込のチラシの減少するスピードは半端ではない。

 

折り込みチラシが減ったぶん

ネット広告は急増している。

 

ここ数年、会社の仕事も変わっており

折込み広告の仕事はゼロに近い。

いや、ないといっても過言ではない。

 

 

お客さんの事務所での会話

 

 

お客様:

「うわーーー アスペルガー上司さん、いいセンスしてるわ!」

 

アスペルガー上司:

大よろこび

羽が生えたよう

 

お客様:

「でも、最近、新聞取る人減ってるよね

スタッフに聞いてもだれも新聞とってないって

チラシうつ意味あるかな?」

 

アスペルガー上司:

羽がへし折れ

マリアナ海溝深くにしずむ。

 

そのあと帰りの車内でも一言もしゃべらず

マリアナ海溝から

浮いてきません。

 

 

お客様は神様です

 

アスペルガー上司、応答願います。

-アスペルガー上司の日報

Copyright© おつげ女 , 2022 All Rights Reserved.