アスペルガー上司の日報

会社廃業の動き、アスペルガー上司の焦りがピークに達した

投稿日:

こんにちは、おつげ女です

アスペルガー上司の焦りがピークに達している

ここ数ヶ月の仕事の減りは尋常ではない

毎年あった仕事まで、確実に無くなっている

アスペルガー上司は、毎年の工程表を見ながら、あれもない、これもないと焦っていた

仕事がない毎日なのに、夜中9時まで、ドンさんとモンモンさんに仕事をさせているような状況は、非常にまずいと感じ始めたようだ

アスペルガー上司の頭のなかは、仕事ない→自分が無能→デザインで食べていけない状況を認める→存在価値なし→クビ
、という身勝手な考えが頭の中をループして焦りをピークに押し上げている

自分は会社で誰よりも有益で、有能で、会社が廃業でもギリギリまで残るのはオレだ!との考えでいっぱいのアスペルガー上司

 

制作室はますます静かに沈んでいく

もはや、ここは光が届かないマリアナ海溝なんじゃないかと思えるくらい

昨日から降り続いた雪で社屋はすっかり雪に埋もれた

春はくるのか?

 

アスペルガー上司、応答願います

-アスペルガー上司の日報

Copyright© おつげ女 , 2022 All Rights Reserved.