アスペルガー上司の日報

全てを自分の言いなりにしたいアスペルガー上司。そのこだわりが孤立感を募らせる暴発寸前

更新日:

こんにちは、おつげ女です。

アスペルガー上司は、全てを言いなりにさせたい。そんなこだわりがる人。
しかし、言いなりになる前に誰もがアスペルガー上司の周りから消えてなくなるのだ。

家族、友達、近くになる人ほど、言いなりにさせたいこだわりが働き、近くの人から消えていく。近くの親しかった人の消失から生まれる孤立感は半端ない。だから受け入れられなくなると次の場所へを繰り返してきた。

繰り返しの結果、孤立感をひたすら増幅させてしまったわけだけど、それが今ピークに到達しそうだ。

家族関係の喪失、職場の廃業、居場所がまるでなくなる寸前。

言いなりにできる場所、自己主張できる場所、自己認識できる場所が失われる寸前。

募り募った孤立感への怒りははけ口を見つけようと必死だ。

-アスペルガー上司の日報

Copyright© おつげ女 , 2022 All Rights Reserved.