アスペルガー上司の日報

朝から不快は当たり前

更新日:

こんにちは、おつげ女です。

 

朝から穏やかな時間を過ごしたい。

 

毎日おもいます。

 

しかし、毎日、アスペルガー上司の駐車場で車の扉を閉める音、足を踏みしめて歩く音、バタバタ迫ってくる感じから不快な朝の始まりです。

 

朝の挨拶も普通とは少し違う
若干つくり笑顔。

 

ここらへん、なんとか関係保ちたい感があり、痛々しいです。

 

朝から異様な緊張を持って社内に登場です。

 

今日もほぼ仕事がなく、
緩やかに時間がすぎました。

 

それでも、期限なきA4チラシのラフ案を1週間以上かかり考えている。

 

みてる周りもしんどい。

 

モニターには同じ画像が映りっぱなしで仕事してるPRに余念がありません。

 

時間がもったい。

 

しかたありません。

 

時間管理ができないので。

 

今やっている仕事も、撮影があるのですが、撮影班とはコミュニケーションとってないので、また一悶着ありそうです。

 

あ、あ、今日も仕事はなくても退社は8時になるのか。

 

やれば、やるほど問題増殖。

やらなくても問題増殖。

 

アスペルガー上司、応答願います。

-アスペルガー上司の日報

Copyright© おつげ女 , 2022 All Rights Reserved.