お面部長

【お面部長の企み】ネットコンテンツ事業10 仲違い計画 2

投稿日:

こんにちは、おつげ女です。

まさかここまで汚くなれるのか。

お面部長は定年まで時間がなく焦っていた。

どう焦っていたのか?

事業をもち出し、自分が事業主になり社長になれなくなる、と。

定年まで後三年。今もち出せないと最後のチャンスがなくなる。

今の会社には定年まで働き通すつもりで入社。しかし、運良く最後のツキが回ってきた。この最後の機会を逃せば定年後まで破産者としてのレッテル、生活保護受給のレッテルを剥がし、周りを見返すことができなくなる。と。

そして、私に一番してはいけなかった、こころの揺さぶりをかけ、とうとう、周りとの関係性を損なうように、巧みな話術で関係性を瑕疵(だます)ことをしでかしたのだ。

巧みだった。「こうだ!」というはっきとしたニアンスの言葉をさけ、それとなく相手に、おつげ女は裏切っていると印象付ける話術で、人を騙していきはじめた。

クソだ。

ほんとにクソ。

クソにすらあたいしない。

-お面部長

Copyright© おつげ女 , 2022 All Rights Reserved.