お面部長

【お面部長の企み】ネットコンテンツ事業10 仲違い計画 3

投稿日:

こんにちは、おつげ女です。

できない奴の言葉ぐらいじゃ揺らがないよ、お面部長。

もしかしたら、昔はできた人なんじゃないかと思ったときもあった。

でも、全て撤回させてもらいます。

ほんとにクズやろうだ!

はじめの揺動させたのは、別部署のかた。私より会社歴の長く、長い分色々根回しができるひと。

その人が、私がデキない奴だと勘違いするような事を話していたと、制作室の同僚にききました。

なぜ、まるで関係ない人が、出来る出来ないで、わたしを引き合いにだしたのかわかりませんでした。

そして、お面部長もその日のうちに、わたしに、同じ人が、わたしのことをできなあ奴だと話していたと話してきました。

この時、まだお面部長の罠だとは思っていませんでした。

思ってなかったけと、はっきりこういい放ってやりました。

「私がやってる内容のなにが出来てないんですかね?なんだろう?お面部長はどう思いますか?」

お面部長「なにが?とは」

「だって、職務もまるで違うし、出来て無いのがなんなのか、わからないなぁって。」

かたまるお面部長。
「じゃ言われても、なにも思わないの」と。

わたしは、「言われてたとして、嫌な感じをいだくまでには至らないですね。わからないことだから不安に思う部分もあるだろうし。でも、そんなこと言う理由がみつからないなぁと思うんですよね」

ふたたびお面部長の沈黙。

「わたしとしては、誰が、何をかんがえ、何をして、できたのかが大事かな。やってる人間にはわかるけど、やらない人にはわからない。それだけじゃないですか」

さらに沈黙するお面部長。

-お面部長

Copyright© おつげ女 , 2022 All Rights Reserved.