社畜日記

アスペルガーパワハラは危険。会社の対応が遅れれば組織崩壊する。

投稿日:

こんにちは、おつげ女です。

アスペルガー上司が居て、毎日同僚が人格を否定される怒られ方をしています。どう対処すればいいでしょうか?

こんな相談が届きました。

まず、アスペルガー上司だと思われる人物の上司に、内容を全て報告しましょう。

そして、アスペルガーではないかということは伝えちほうがいい。その点が明確にならない限り、社内状況は悪化の一途をたどります。ここ重要。

障害が明らかでない以上、疑いだけになっては、どちらも救われません。

アスペルガーが疑われる場合は病院での検査も受けてもらうことが重要になります。

労基問題等々ありますが、この点は専門家に任せるて、会社サイドは事実関係、現状を見極めるのに、周りの人が、アスペルガーが疑われる人を正常とみているか、みていないかを聞く必要があります。

振る舞いが異常だと感じた人が多い場合は、早めに害のない部署、立ち位置に移すことをオススメします。

会社サイトとして問題になることのまとめ

・労基問題、アスペルガー診断ができるできない。

・アスペルガーが上司である場合、アスペルガーから、地位やプライドへの固執が異常に強くなり、意見を受け入れない傾向にある。上司の意見も聞かない奇行をみせる。

・アスペルガー上司の場合、特定の人物を集中してパワハラする傾向があり、攻撃の執拗さから鬱病を発症する。私がみてきたなかでは、自分より仕事ができる人、または自分よりいい会社から転職してきた人を攻撃する。攻撃する場合、前にいた会社の名前を出す奇行をみせる。

・周りが対処できず放置、周りの人材が居なくなる

などなど、問題は山積します。

まず会話が成立しない。意見を聞き入れない顕著な状況が危険です。組織全てが振り回されます。そして同時進行で精神を患い鬱病を発症するものも増加します。

早めの対処が必須です。

-社畜日記

Copyright© おつげ女 , 2022 All Rights Reserved.