社畜日記

石の上にも五年。

投稿日:

こんにちは、おつげ女です。

石(いし)の上にも三年 冷たい石の上でも3年も座りつづけていれば暖まってくる。 がまん強く辛抱すれば必ず成功することのたとえ。

ですが、私の場合は五年です。

生きてきて、やりたいことを成功と呼べるくらいに身につけるのに五年はかかります。

三年目は一番くじけちゃいそうな時期かな。

まず、三年で成果をだせた記憶がない。

ウェブ技術しかり、会社でやりはじめたベンチャー事業しかり、サイト運営しかり、すべて五年目から上手くまわりはじめたものばかりです。

三年じゃ成功しませんでした。

成功するまでに石の上にいる期間は人による。

いや、ほんと人による。数日、数ヶ月で成功しちゃう人もいる。でもね、間違えてはいけないのは自分が成功するためにどうするかが大切で、他人の能力と比較するのは間違いです。

他人と比較していいのは成功までの方法。自分のやり方と他人にやり方を比較、いいものはどんどん奪えばいい。

他人の成功したところだけを見ていると自分の成功するイメージがいだけなくなる。

成功するまでの期間は人とちがって正解なんです。

三年続けば四年、五年は続けてやれるよってこと。

三年続ければ、その後も継続できます。

三年やって、合わないなぁと、成功しないなぁという話しをよく聞くけど間違い。

三年続けてやれることなんて少ない。

三年続けてやれれば自分史のなかで偉業に入る。

三年続けてやれた実績は結果になってなくても身についている。

ひとつひとつのプロセスをもう一度確かめる。三年前とは違う自分がたくさんあるはず。

そこを意識しながら四年、五年、やりたいことなら続けてみよう。

続けるのは別にがっつりやらなくても、片手間でもいい。

続けてみるをやってみる。必ず成果として結果に現れる時がくるから。

-社畜日記

Copyright© おつげ女 , 2022 All Rights Reserved.