社畜日記

2018年度「森林環境税」と「国際観光旅客税」の二つの新税が創設!!森林環境税は住民税に上乗負担だと!終わったな

投稿日:

意味不明な税がまた増えるのか

森林環境税は住民税に上乗???年1000円の負担だと!

集めて、ばら撒いて、衰退して、その先は消滅しかないね

そりゃ会社が終わるわけだわ

 2018年度税制改正では、「森林環境税」と「国際観光旅客税」の二つの新税の創設が決まった。

全国規模で恒久的に徴収する新税は、1992年に導入された「地価税」以来となる。ただ、いずれの新税についても国民的議論が尽くされたとは言えず、導入目的、使途にあいまいさが残る形となった。

森林環境税は、地球温暖化対策として市町村が森林を整備・管理する財源に充てるとしている。国民に広く負担を求める観点から、年1000円を個人住民税に上乗せして徴収し、国が自治体に配分する仕組みだ。対象者は約6200万人で、年620億円程度の税収が見込まれる。

 

なんとか生きていくしかないね~

たよりは自分か

-社畜日記

Copyright© おつげ女 , 2022 All Rights Reserved.