社畜日記

覚めない悪夢

更新日:

必死で仕事をするアスペルガー上司

こんにちは、おつげ女です

仕事がまるで無いなか、必死までに同じ作業を繰り返していました

フォーマットに流し込み、データを差し替える仕事に3週間もかかっていた

余りの仕事の遅さに営業も待ちきれなくなり、久しぶりに仕事の提出催促に来ていた

ここ1月ほどで残業しているのは社内では、アスペルガー上司と、モンモンさん、ドンさんの三人。仕事などない。直ぐ終わる仕事を伸ばし伸ばし作業させているだけ

すでにボスも明らかに諦めてしまった感覚がある

廃業が確定して、だましだましギリまで営業を続けざるを得ないよう

新しい人材採用も辞め、社内正常化も辞め、会社も辞め

みんなの目を見ると
違う場所を見ている様子

モンモンさんは鬱病の薬のためか、目が眠そうです

薬でできた浅い眠り

でも、目が覚めても、そこは地獄のアスペルガー上司の世界

だれもが、この悪夢から覚めること望んでいる

-社畜日記

Copyright© おつげ女 , 2022 All Rights Reserved.