アスペルガー上司の日報

アスペルガー上司、人のミス探しに躍起なる

更新日:

こんにちは、おつげ女です

 

ここ数日の雨が嘘のように、晴れやかな青空が広がっています

 

自宅近くの樹々も徐々に色付きはじめ、秋から一気に冬になりそう

 

会社について就業まえに、ひと調べしていたら、大きな音をたて、アスペルガー上司が登場しました

 

 

なにかあったな

 

足音で直感しました

 

家か?

会社か?

 

さて、なにが起きるんだ

じゃまくさいなーと

 

 

就業のチャイムが鳴ると

机の上で、仕上がってきた制作物を

目の色変えて調べはじめた

 

 

なにかを探している

おつげ女はそう直感しました

 

 

調べはじめて

10分ほど経ったあたりだった

 

 

いきなりドスの効いた言葉で

 

「おらぁ、モンモン、これなんや!あーん、なんでここ配色が違うんじゃ。おらぁ、あーん、わかってんねか?おらぁ、ぼさっとするな、確認しろやぁ」

 

 

朝からウザいパワハラである

 

 

さらに、間髪いれず

 

「なっさけないなぁ、お前生きてんのか?頭働いてるか?あーん、なっさけないなぁ、あーあ、だめだめやなぁ」

 

朝からウザいパワハラである

 

そのあと、アスペルガー上司の執拗なミス原因追求が1時間に渡りつづきました

 

その間、制作室はまっくら

深海の光のあたらない

つめたく寂しい空間になっていました

 

 

モンモンさんは土けいろした顔に

どす黒くなった手をおしあて

ゆっくりと息をしていました

 

 

わたしが言ってやるよ

「あーん、いったい、お前、そのデクトップにひらいたペラもんのチラシいつできるんたよ、頭働いてるの?思考してんの、それとも死んでるの?

あーあ、だめだめだなぁ、

そんなこともできないのかよ

まわりはたまんないね」

 

アスペルガー上司、応答願います

-アスペルガー上司の日報

Copyright© おつげ女 , 2022 All Rights Reserved.