アスペルガー上司の歴史

アスペルガー上司の天敵あらわる3

投稿日:

こんにちは、おつげ女です。

ショウさんはボスから社内改革を求められ入社してきました。

待遇としては部長。アスペルガー上司より上役になります。

実は社内にはアスペルガー上司以外にも問題のある上司ガワさんが別にいました。

アスペルガー上司だけでも手を焼いているのに、それだけではなかったのです。

制作にはもうひとつあり、その制作の上司がアスペルガー上司とは違う意味での困った人でした。

主な問題をあげれば、無駄残業大王とでもいいますかね。毎日毎日、アスペルガー上司に劣らないくらい無駄に残業している人でした。

こんな二人が指示を聞くのは上役しかなく、目の届く範囲に上司をつける必要がありました。

そのためのショウさんでした。

ショウさんが入社すると異例な朝礼があり、その場で紹介されました。

アスペルガー上司含め全社員はお面部の代わりの人材だと思っていました。

つまり営業部長だと。しかし、蓋をあけてみると統括部長との肩書き。アスペルガー上司やガワさんは狂気を覚えている様子が伺えました。

-アスペルガー上司の歴史

Copyright© おつげ女 , 2022 All Rights Reserved.