アスペルガー上司の歴史

新たな事業で一発逆転?それは無理

投稿日:

こんにちは、おつげ女です

仕事量は減りつつあったが、この時は、まだまだ廃業なんて考えもしなかった

アキさんを採用できたのも、会社の収益が問題なかったから

アスペルガー上司に採用しないと言ったのは、アスペルガー上司への罰みたいなもの

でも、アスペルガー上司の周囲へのパワハラが、会社の仕事まわりに更に影響を及ぼす可能性が否定できなかたので採用してくれたようです

やれやれ

そして、人材は確保しましたが、後は仕事をどう増やすのか?という話しになり

新規事業案をまた絞り出すことに

営業や制作室で必死に?考えるも
なーんにも出ません

当たり前ですが、経営とか、事業とか、今まで、特定の職務にやってきた奴等には思い浮かぶものか!

そんなんできなーい!

 

で、頑張って出たのが制作デザインのセット売り?

制作のセット売り?

ロゴを制作して、ロゴにまつわるエトセトラのアイテム(名刺や封筒)を販売しようという、

至極、当たり前な販売手法だよそれ!

てか、今の仕事のまんまだよ!

当然、売れませーん!

それが売れないから困ってるんだよ!

新規事業手法なんてうちには無理よー!

 

こんなことはわかっていた

 

しかし、このコラボが会社の状況を狂わせます

営業とのコラボはアスペルガー上司と、営業部との抗争を激化させてしまいます

ただでさえグタグタだったのに、火の海にニトロを投げ込む暴挙でした

制作室と、営業との抗争ではなく、アスペルガー上司と営業全員との戦いなわけですが

こんな状況じゃ新しい事なんて上手くいかないよー

部下や社内の色んな部署、そして、社内のみならず外注先にも迷惑がかかっていきました

そして、新規事業で一発あてるどころか、会社のブラック感を社外に放送してしまう結果になりました

アスペルガー上司、応答願います

 

 

スポンサーリンク

-アスペルガー上司の歴史

Copyright© おつげ女 , 2022 All Rights Reserved.