社畜日記

パワハラ上司は容認されない。見捨てられる会社が増加するよ。

更新日:

こんにちは、おつげ女です。

昨日は久しぶりに会った友達とお茶してきました。

友達は職場が移り、自宅から前の職場より離れた場所になり通勤や職場環境に馴染めているのか心配していました。

でも、久しぶり会う友達は元気そうで、顔色も良く、職場環境も前より楽になったとのことでホッとしました。

今回は、その友達の職場にパワハラで離職、転職してきた人の話しです。

転職してきたAさん。

友達も転勤してきて、不慣れな場所で業務を行っていましたが、Aさんの行動がいつも気になっていたそうです。

ささいな行動ですが、友達は気になったそうです。やたら周りの目を気にして、周りの反応にビクビクしている感じがしたそうです。

職場では先輩だった友達。余りにも不自然な気の回しように、友達はそれとなく、「気を使いすぎなくてもいいよ、上手く動けているから」と話したら、ホッとした様子で前の職場で受けたパワハラについて話しはじめたそうです。

壮絶なパワハラ。

5人を病院送り、5人を離職、最後、余りの酷さに部下が会社に報告。パワハラ上司は解雇されたというもの。

5人の離職者のひとりが自分だと話したそうです。

そのパワハラ内容について友達が聞くと、ヘドがでるくらい陰湿なパワハラだったそうです。

毎日罵声が飛び交い、隔離された部屋をいいことに、会社から目の届かない陰湿な嫌がらせをしていたそう。

最初の2人が離職した際、会社側からパワハラを疑われ注意されたのが怒りをかい、更に部下へのパワハラが酷くなったそうです。

その恐怖感から誰も会話しなくなり、上司へも意見できなくなり、パワハラ上司が好き勝手に振る舞う職場になってしまったそう。

なんだか、私の職場と重なるところがあります。

その上司が解雇されるまでの2年は地獄だったとか。

会社は薄々気づいていたものの、仕事を止めてしまうのが怖かったとも話したそうな。

結局、部下が会社に告発、パワハラ上司は解雇されたのですが、Aさんがいた部署は社内でパワハラの噂がでまわり閉鎖となってしまったといいます。

パワハラ崩壊の職場はこれだけにとどまりません。今後も増加するでしょう。

今までは、仕事がなくなる恐怖からパワハラから退職を選ばなかった人も、人材不足からくる求人増加で転職しやすくなります。今は丁度増加している最中。

求人増加が認識されはじめると、間違いなく劣悪な職場環境は見捨てられるようになる。

見捨てられた会社は廃業するしかない。

見捨てられたくなければ、売り上げより社内環境について考えるべきでしょう。

手遅れになるまえの職場環境チェックは生命線になっていますよ。

-社畜日記

Copyright© おつげ女 , 2022 All Rights Reserved.