アスペルガー上司の日報

制作室の心臓部が壊れた。アスペルガー上司もダウン。

更新日:

こんにちは、おつげ女です。

職場のハードが壊れました。作業にかかせないサーバーがダウンです。

数日前から動きが悪いなぁと思って、次の日、会社にくると停止していました。

重要といっても作業中のデータがあるわけではなく、管理関係、バッグアップファイルの管理サーバーです。

ただ、三重のバッグアップになっている訳ではないため、サーバーがダウンすると即死。

そう、今回は即死。

会社ではサーバーを管理する人間がいないので、緊急時は個々の対応となります。

最悪、データ消滅もありうる危険な状況。

あ、今回はそのケース。

人によっては三重のバッグアップが、別々のハードに実行されている場合もある。

ただ、ひとり超パニックに陥っていたのがアスペルガー上司。

上司たるもの解らないでは済まない。バッグアップなんてとってないとは言えない。業者が話ししている内容も訳わからない状況。

みかねた業者が、私のところに困った顔でやってきた。

おつげ女さん、話が前にすすまないので間に入ってもらえないですか?と

話しが理解できないのはわかるが、対応ぐらいなんとかしてほしいがと思いつつ、簡単な状況と対応策を相談。

制作室にもどると、遠くを見る涙目のアスペルガー上司の姿がありました。

仕事もなくなり、データもなくなり。真っ白になった模様。

アスペルガー上司のシステムダウンは復旧できないなぁ。

-アスペルガー上司の日報

Copyright© おつげ女 , 2022 All Rights Reserved.