アスペルガー上司の歴史

アスペルガー上司の結婚式、隠された事実

投稿日:

こんにちは、おつげ女です

さて、アスペルガー上司の結婚式当日。

参加したのは、おつげ女、ネネさん、ナカさん、ヤマさんの四人

他のメンバーは、式の招待が急だったこともあり、先約予定優先でキャンセルとなった

半分が出席だからいいんじゃないか

式は海が望める絶好の会場でした、天気も快晴で、窓の外にはキラキラ輝く海が広がっている

オシャレな会場の内装は木造づくり
温かみのある素敵な会場です

会場内には式場が二箇所あり、片方の会場でも式があるようで、待合室には人が溢れていた

費用は、会費制。

シブシブやってきたネネさんも、ならいいやと話していた。ネネさん退職前に節約生活に入っていて、

ネネさん相当出席したくなかったみたいだか、アスペルガー上司に変な因果も残したくないと出席を決めたのだとか

めんどうですね

披露宴が始まり、おだやかな時間のなか式が進行していきました

親族、友達の挨拶、歌の披露、新郎新婦の馴れ初めなどなど、結婚式にある無難なプログラムが進行していきます

アスペルガー上司側の親族にめをやると、親御さん、兄弟が参加していました

祝いムードのなかあって、アスペルガー上司のご両親、兄弟は、妙に暗い空気が漂っているのが気になります

だって、祝いの席なのに笑顔がないのだ

身内が両親と兄弟だけなのは気になりました

奥さんサイドは、どうみても親族が倍、友達も倍出席していた

他のメンバーも、アスペルガー上司の親族の少なさを不思議に思っていた

なんでご両親、兄弟は、お通夜みたいなんだ?って話す程暗かった

披露宴中、アスペルガー上司の振る舞いに何度も微妙空気になったが、祝いムードのおかげで、特に気に留めるひともいなかった

2時間ほどで披露は無事に終了した

みんなでお茶でもして帰ろうかな?となったとき

アスペルガー上司の友達が話しかけてきた

ここからです、驚愕の事実が判明します

アスペルガー上司の友達、カクさんは話し始めました

「何で俺が呼ばれたのかわからないんだよね、20年以上連絡とってなかったのに」

え?

なに?

さらに

「あいつ、東京に20年近くいたのに、東京からの出席者居ないんだよ、なんだろ?」

いやいや、それはこちらが聞きたいけどね

確か、友達は五人ほと出席していたが、誰もが誰も、互いの素性を知らないようなのだ

「てっきり学生時代の友達かと思いました」

「だったら、話しもあうんだろうけどね、みんなバラバラだよ」

ど、どういうこと?

アスペルガー上司、応答願います

-アスペルガー上司の歴史

Copyright© おつげ女 , 2022 All Rights Reserved.