アスペルガー上司の歴史

「あの人が帰ってきたら部屋に逃げていた」 その3

投稿日:

こんにちは、おつげ女です

アスペルガー上司の奥さんから語られた衝撃的な事実は、会社での状況から想定できたものの、やはりドン引きしてしまう

奥さんはつづけて、既に一緒には暮らしていないとの衝撃的な事実についても話してくれた

もー引き引き、異次へ飛ばされます

 

奥さんは、あれで、会社では問題ないの?と聞いてきたので

アスペルガーであることは伏せた上、家庭と、ほぼ同じ状況ですよと話した

パワハラが酷く、問題になっていること、部下の離職が止まらないことなど

奥さんは、都会での出来事や、帰郷してからの事件については一切しらない、そして、奥さんにアスペルガー上司を紹介した友達も、アスペルガー上司の異常で歪な奇行はしらない

それは、アスペルガーがバレたら生活の場所を変えては変えてはしてきたアスペルガー上司の生き方のためだ

アスペルガーがバレては、アスペルガー上司は自身を保てないのだ

 

奥さんは、アスペルガー上司についても心配していたが、それ以上に会社が存続できるかどうかを心配しているようだった

廃業です

とは、状況から口が裂けても話せない

 

アスペルガー上司、応答願います

-アスペルガー上司の歴史

Copyright© おつげ女 , 2022 All Rights Reserved.