社畜日記

ここは何処?わたしは誰?

投稿日:

冷え切った社内の空気

 

こんにちは、おつげ女です

 

会社では、誰か一人が休んでも誰も気にしない

そんなのどこの会社も同じ、と言われるかも知れませんが、大企業ならまだしも数人の小さな会社で、誰も気にしない状況は異常です

頭おかしいと思う

昨日は、終日ユウさんが居なかった。誰も事情も知らず、帰り間際まで休んだ原因を知らなかった

帰り間際になり総務がユウさん体調悪いの治ったかな?と話してきたので休んだ理由がわかった

知っていたのは総務だけ。アスペルガー上司ですら知らなかった

知らないことで困ることもある

知らないで困るだろうと感じる人がいないのかと思う

 

会社は年々会社の雰囲気んなくし、ていをなさなくなっている

会社ではない何か

会社みたいな所に人が集まり、また去っていく。人がまるで波のようで、引いては戻り、引いては戻りを繰り返している。

ただ、波のような自然が創る魅力みたいなものは微塵もなく、無機質な波です

雰囲気でいうなら、津波研究施設でみた人工波みたいに

何かがやってきて、去っていく

ここは確かに職場なんだよね?と自問してみるも、答えは帰ってこない

夢?とほっぺをつねると、かなりな痛みがやってきた

現実です

 

朝、制作室の暖房をオンにした

無機質な波がいくつもやってくる今日がはじまる

ここは何処で、自分が誰なのか

もーわからない

 

 

-社畜日記

Copyright© おつげ女 , 2022 All Rights Reserved.