アスペルガー上司の日報

欲求を満たすことがないアスペルガー上司

更新日:

  • こんにちは、おつげ女です。

会社のアスペルガー上司は、自分の欲求を満たす事ができません。

今日も朝からドンさんがデザインしたものに文句ばっかり。

散々、思ったものができないと、パワア発言を連発している。

結果、利益のない仕事に二週間なんて時間をかけた無駄な動きをしてしまう。

内容、かかる時間、予算、他の仕事との兼ね合いなど会社全体を考えて行動ができない。時間をかけて仕事、デザインをすることが自分の職務内容だと勘違いしている。

まるで違うんだが。

仕事量が3分の1から半分になり、会社は廃業まっしぐら。仕事の減りに焦りはあっても、あさからくるこだわりにかたより、仕事を終えて帰えることはない。

すべてアスペルガーのこだわり、欲求が満たせないところが原因。仕事がなくなったぶん、あるものに時間をかけるようになる。負のループ。

デスクトップにはどうでもいい、だれもみてないデザイン案が表示されているが、周りのだれも興味がない。

アスペルガー上司のいい仕事をしたは、提出日までギリギリの仕事をするだけ。

提出日までギリギリ考えた、デザインしたがいい仕事をした欲求を満たす要件に「置き換わる」だけ。

「置き換わる」だけで欲求が満たされるわけではない。だから、実際に充実感がまるで無いから、常にみたされず満たそうとしてしまう。

アスペルガー症候群のこだわりが出ちゃいけないところにマッチングしてしまった。

今日も欲求を満たそうと、納品日の当日まで作業させられるドンさん、モンモンさん。

残念。

ギリギリまで頑張って考えることが、充実感だと勘違いしている。

最悪のルーチンだ。

残念。

-アスペルガー上司の日報

Copyright© おつげ女 , 2022 All Rights Reserved.