アスペルガー上司の歴史

帰宅しないアスペルガー上司

投稿日:

こんにちは、おつげ女です

 

会社の売り上げが1億ダウンし、新規案件獲得のための会議も社内不和を拡大させただけ、なにひとつ上手く行かなくなっていた

制作物も新規案件はゼロで、お決まりの仕事しか流れていない

お決まりの仕事なので、当然スムーズに終わるはずなのだか、なぜだか、制作は毎日夜9時まで残業が続いていた

仕事がなくても9時まで残る

あまりにも残業が酷く、アスペルガー上司は注意を受けるが、

「デザインを考えているから時間がかかる」の一点張りで話しを聞く耳を持たなかった

その頃と同時期あたりから、アスペルガー上司は、仕事中携帯がなり席を外すことが増えた

自宅からの電話だったようで、初めのうちは誰も気にもしなかった

だが、ある時、部下にパワハラする時のような凄んだ声で、怒鳴りつける光景が目撃される

家庭内不和

怒鳴りつける光景を数人に目撃された以降は、仕事部屋でも、怒鳴りつけはじめた

もー最悪

朝でも、昼でも、夜でも奥さんとの喧嘩である

そして、喧嘩が激しくなるにつれ、制作室の帰宅も9時から10時、11時と伸びていた

 

そんな状況から自宅に帰りたくないことが浮かび上がってきた

まいった

さすがに仕事もないのに帰宅しない状況はおかしい、だか、アスペルガー上司は注意されても頑なに聞く耳を持たないのだ

部下も困ってしまったが、ボスに相談して放置して帰宅することになった

仕事にOKをださないアスペルガー上司のため、数人は帰宅できない状況はあったが、全員犠牲はたまらない、帰れるやつはアスペルガー上司は無視で帰えることになった

この措置にアスペルガー上司はさらに態度を強固にし反発してきたが、付き合っていらないと帰宅した

その時期を境に、仕事も無いのに一人社内に残るアスペルガー上司の姿が目撃され、不気味な雰囲気を醸し出すようになっていく

その後、奥さんから聞いた、帰らなかっだ時の家庭内であった事が身の毛もよだつ状況で、聞いた時はゾッとするわけなんですが

帰宅も地獄、会社も地獄

自分の居場所は何処にあるのか?

 

アスペルガー上司、応答願います

 

 

-アスペルガー上司の歴史

Copyright© おつげ女 , 2022 All Rights Reserved.